MENU

ヤマト運輸の引越しについて。

ヤマト運輸の引越しは、丁寧に配達してくれると評判の会社です。CMでも有名な会社ですよね?

 

ちなみに、ヤマト運輸の引越しは、単身引越から家族の引越、家財のみの引越に対応しているのはもちろん、部屋掃除や家具の移動、防犯対策といったサービスまで用意されています。さらに近距離キャンペーンや自転車レンタルサービスまであります。

 

 

荷物が少なく短距離の場合

お客様が希望している5日間の間で、日程や時間帯をヤマト運輸にお任せする場合、基本料金がかなり値引きになります。

単身だけど荷物が多い方は?

基本サービスに、ご要望に応じたオプションで対応するプランになります。どこまで任せるかによって料金は異なってきます。

らくらく家財宅急便

家財1つの輸送から、梱包・配達・設置まで対応しているプランになります。

ご家族でお引越しをする場合は?

単身と同様に、お客様のニーズやご予算に応じて、お客様にぴったりなお得なプランをご用意しています。

ヤマト運輸の引越しの口コミ

実際にヤマト運輸の引越しを利用された方の口コミを紹介します。

たくさんある本を、元の本棚の元の段へ戻してくれました。梱包資材は古い物を使いまわしているようですが、サービスを追求する人にはお勧めできます。友人にもヤマト運輸を勧めました。

忙しく時間があまりなかったので、らくらくパックを利用しました。最低限のもの(下着類や貴重品など)だけ荷物をまとめ、他のものはほとんど手をつけないでいましたが、作業員の方々がパパッと荷造りをしてくれました。手際の良さに引越しという作業が簡単なものに思えるほどでした。

ヤマト運輸の引越しを最大限お得に利用する方法とは?

ヤマト運輸の引越しと言えば、だれでも知っている会社ですし・作業員もテキパキ仕事をしてくれると評判ですので、日程が決まり次第・お願いしたいところです。しかし、ヤマト運輸の引越しだけしか見積もりをもらわないと、大変損をしてしまう可能性も出てきます。
なぜなら他に比較するものがないので、まったく割引の話もなく・たんたんと話が進んでしまうケースもよく見受けられるからです。(なぜなら業者も、なるべく高い料金で受注したいはずですから。)そこで他社の料金も把握したうえで、交渉して利用するのが一番賢い方法になります。
少し大変そうと思うかもしれませんが、実は、ヤマト運輸を含む評判のいい厳選業者の見積もりをネットで簡単に手に入れることができますので、活用しない手はありません(もちろん無料です)!

 

>>引越し料金最大50%OFF!<<

 

ヤマト運輸の引越しと他社の料金を比較!お得に引越しする方法!

 

>ヤマト運輸と他社を比較!ネットで簡単見積もり!<

 

ヤマト運輸 引越し:北海道・東北(北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島)・関東(東京・神奈川・埼玉・千葉・茨城・栃木・群馬)・北陸・甲信越(新潟・富山・石川・福井・山梨・長野)・東海(愛知・岐阜・静岡・三重)・関西(大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山)・中国(鳥取・島根・岡山・広島・山口)・四国(徳島・香川・愛媛・高知)・九州・沖縄(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄)

ヤマト運輸 引越し@注意しておきたい引越しのトラブル

キャンセルについて

 

まずよくあるのがキャンセルについてです。

 

見積もりにサインを行った後、予定日を変更しなければならない時、または引越し自体がなくなった場合にはキャンセルの連絡を行わなければなりません。

 

ですが、このキャンセルの日にちが遅れると、キャンセル料が発生します。

 

大体の場合、キャンセル料が発生するのは前日や当日のキャンセルです。

 

前日=10%
当日=20%

 

引越し業者によってパーセンテージは異なるかもしれませんが、おおよそこれくらいのキャンセル料が発生します。

 

荷物の破損などについて

 

荷物の破損、引越しを行う際には誰もが気になるところかと思います。

 

この荷物の破損についてよくあるトラブルは、引越し後、何日〜数ヵ月後に、その傷に気づいたという場合です。

 

この場合、引越し後3ヵ月以内なら責任を問うことが可能です。

 

ただし、時間がたてば立つほど引越し時のキズか引越し後のキズかは判断しにくいところになってしまうので、キズを発見したらすぐに連絡したいところです。

 

内金や手付金などについて

 

内金や手付金は、通常請求されるものではありません。そのため、もし請求されることがあっても支払う必要はありません。これは「標準引越運送約款 第三条5」にも記載があります。

ヤマト運輸 引越しの時期について|繁忙期とそうでない時期の違い

引っ越しの時期については人それぞれかと思いますが、ご存知の通り、繁忙期(もっとも引っ越しが多い時期)は料金が跳ね上がります。

 

場合によっては、単身での引っ越し、金額が比較的安く済むような引っ越しをされる場合は、「予定がいっぱいの為〜」という事で断れる可能性が大きいです。

 

繁忙期は引越し業者が大きな利益を上げるときなので、いくらお客様といっても、できる限り金額が高いところで仕事をしたいというのが本音です。ここで、繁忙期と繁忙期でない時期の違いについてまとめます。

 

○繁忙期

・料金交渉の余地がなく、料金は高くなる(たくさんの引越し依頼があるため)

 

・単身や見積もり金額が低い場合、何らかの形で断られる可能性がある

 

・時間や曜日の指定が難しくなる

 

○繁忙期以外の時期

・料金交渉の余地があるので、比較的安い料金で引っ越しが可能になる

 

・予定に余裕がある時期なので、特に断られることはない

 

・時間や曜日指定の希望を受け入れられやすい

 

このようにまとめてみると、繁忙期以外の時期の方があらゆるメリットがあります。
しかし、引っ越しの事情は異なるため、どうしても繁忙期に引っ越さなければならない方々もいらっしゃるかと思います。

 

そこで繁忙期でも安い料金で依頼する事ができるか?

 

という点が重要になってきますが、それは複数の業者に見積もりを依頼をすることです。

 

上記にも少し述べていますが、ヤマト運輸での引越しをする際、その一社だけに見積もりを依頼すると、どうしても高めの見積もりが出てきます。そこで複数の業者に見積もり依頼をする事で、引越し業者同士で競ってくれます。

 

もちろん、単身なのか?家族なのか?引越しの作業ボリューム・金額がどれくらいなのか?という点でもあなたに対する見方が変わりますが。。ただ、基本的には業者同士でコンペをしてくれるような構図になるのです。

 

一社だけではなく、複数の業者に依頼をする。

 

これはお客であるあなたの特権で、絶対的に利用した方がよいものでもあります。

ヤマト運輸や他社での引越しについて

ヤマト運輸やその他の引越し業者に依頼する際は、基本的にあい見積もり(他社と競わせる)という事はお分かり頂けたかと思います。

 

そこで、その他に知っておくとよい引越し知識について書きます。

 

安い料金にするためには、普通に業者へ依頼したところで、安くはなりません。基本、あい見積もりにしますが、それ以外にも安くするためのテクニックというか、抑えておくべきポイントがあります。

 

それらを以下にまとめました。

 

混載便にする

 

混載便は、あまり荷物がない場合に利用しますが、もし荷物が少ないという事であれば絶対的に混載便をオススメします。混載便は、荷物を輸送機関(車両・船舶・航空・鉄道)に積んで移動させます。貨物扱いとして移動させるのですが、トラックの契約を交わすチャーター便よりもダンゼン安く済みます。

 

曜日や時間は業者任せ

 

業者側は社員やアルバイトを抱えているので、曜日や時間によっては稼働人数などが異なってきます。その為、曜日や時間の指定を任せてもらうという事は、業者側の万全な態勢の時に引越しができます。安い料金で調整できるだけでなく、稼働態勢が万全の時に引越しをしてもらえるというメリットもあります。

 

他の業者に金額も伝えて、引越し業者の部長クラスまで決裁伺いを立てさせる

 

ここは重要です。この組織体制のことも頭に入れておくと、より高度な交渉が可能になります。営業マンや電話対応スタッフでは大きな値交渉になった時に判断がつきません。かといって、最初にあまり大きい金額で交渉すると、その時点で断られます。そこで、こちらの希望という金額ではなく、他の業者の見積もり金額を伝えてあげる事で、自然に値交渉ができます。さらに値交渉をうまく運ばせる、または相手の業者が頑張ってくれる営業マンであれば、自然と部長クラスまで決裁伺いを立ててくれるのです。

 

ヤマト運輸ではボックス単位での料金となるので、予定よりもボックスが多くなりそうな場合は、

 

自分で運んだ方が安く済む場合がある

 

事前に決めたボックス数を上回る場合は、ボックスの追加を確認されます。そこで追加するともちろん料金がかかるのですが、もしご自身で持ち運びが可能なら、その方が安く済みます。

 

 

いかがでしょうか?

 

これらは基本といえば基本なのですが、案外知られていなかったりします。

 

これから引越しを考えている、既に引越しの段階に入っているという方でも参考になるかと思いますので、お役立て下さい。くれぐれも、安い料金で依頼しようとするあまり大きな値交渉に入らないで下さい。

 

少しずつ、しっかり営業マンや対応スタッフとコミュニケーションを取りながら交渉は進めてください。

 

それでは、これからスムーズな引越し、安い料金での引越しができる事を願っています。

 

ヤマト運輸 引越し TOPへ戻る