引っ越しで雨の日は?

MENU

引っ越しが雨の日になってしまったら?

 

いよいよ引っ越し当日になって雨が降っているとなるとどのように対処されるのでしょうか。

 

引っ越し業者に依頼していた場合は、基本的には事前の予定通りに作業が実施されることになります。
心配になるのは雨に濡れて家具や家電などの荷物が台無しになってしまうのではないかという点です。

 

一般的には引っ越し業者もきちんと対応してくれる場合が多く、雨に濡れても問題ないようにしっかりとビニール素材などの梱包材を使用してくれます。

 

旧居から荷物を運び出すさいに荷物が濡れるという心配は恐らくありませんが、新居に荷物を運び入れた際に荷物に水滴がついてしまっていますので梱包材をしっかりと拭き取りする必要があります。

 

その際に使用する雑巾などについては自分で用意しなければいけない場合もありますので、事前に引越業者と打ち合わせをするようにしてください。

 

事前に天気予報で引っ越し当日が雨という予報が出ている場合は必ず引越業者にどのような対応をしてくれるか確認をとるようにしてください。

 

きちんと厳重な梱包を行ってくれる業者もありますが、中には通常通りの対応となる業者も考えられます。
業者が行ってくれない場合は自分の荷物は自分で守るという対処が必要になります。

 

特に家電製品の場合は雨に濡れると壊れてしまいますのでしっかりと防雨対策を行いましょう。
当日になってから慌てても仕方がないので、事前の準備を怠らないようにしてください。

 

台風などの影響で余程の暴風雨となってしまい引越作業を行なうことができないと判断される場合は天災などの不可抗力として延期ができる場合もありますが、基本的には引越当日になってお客様の方からキャンセルや延期を申し出ると見積書に記載された20%(前日は10%)の手数料を支払わなくてはいけません。

 

天気予報である程度は当日の天候が予測できますので、悪天候になることが予測される場合はできるだけ早く引越業者に相談するようにしてください。

 

引越時のトラブルを避けるためにも万全の体制を整えるようにしましょう。